室長プロフィール

こんにちは。私は、丹羽豊と申します。
当相談室のHPにアクセスいただき、ありがとうございます。

相談室開設のきっかけ

 私は、大学卒業後13年間、公立小学校の教師をしておりました。希望は中学校の数学の教師でしたが、つかんだ免許は中学体育と小学校でしたので、やむなく小学校勤務を選択したのでした。残念ながらそれが自信喪失への一歩だったのかもしれません。ある年、低学年を担任してから、日々の実践に相当悩んだ記憶があります。
 生活指導主任のときにカウンセリング講座に学び、実践のおもしろさもさることながら、カウンセリングを通して公教育に間接的に関わることの大切さとその分野での社会的な広がりの遅れを感じたことが、後のNIWA教育相談室の前身である「教育総合相談室」を開設するきっかけとなりました。
 教員退職後は、まず法律事務所勤務、その後教育出版会社勤務を経て、1998年に「教育総合相談室」を開設し、現場の先生方の支援に取り組みはじめました。
 当時は、何よりも日々職場で苦悩されている現場の先生方の支援を第一とし、自信を喪失されたり、職場で孤立されたりして、明日への意欲を無くされた先生方とお話ししながら、本当に手さぐり状態でのカウンセリングでした。たくさんの先生方とお話しさせていただき、急速に変わっていく教育環境に戸惑いながらも、先生方と明日の実践を探していく営みが、私の毎日の大きな励みでした。
 中でも、やはり精神的に追い込まれやむなく学校を休職された先生のカウンセリングをして、現場復帰へお手伝いさせていただいたことが今でも強く印象深く残っております。

相談室の一時閉鎖と再開

 しかし、この相談室の事業だけでは残念ながら生活を支えるべき収入には至らず、進学塾へのアルバイトを余儀なくされ、進学塾での授業、各教室の販売管理(販売促進・生徒獲得)、そして、他塾への経営・運営コンサルを主な仕事としている中で、本来のカウンセリング活動への時間が確保できず、やむなく2002年に相談室を一時的に閉鎖(HPも閉鎖)し、口コミだけの紹介にてのカウンセリングのみをてがけておりました。
 その後ご縁があり、高等学校の通信制本部に勤務し、生徒・保護者のカウンセリングを担当したことがきっかけとなり、不登校問題に取り組むことになり、とりわけわが子の不登校に悩む保護者のカウンセリングを主に担当するようになりました。

 そして2009年、教育総合相談室を再開、2012年に法人化認可とともに「NIWA教育相談室」と改名しました。

私のカウンセリングのベースは?

 私には、いわゆる臨床心理士などの資格はありません。カウンセリング養成講座へは何度か参加して学習もしてきましたが、それがある意味でカウンセリングを始めるきっかけにはなりましたが、現場経験主義と言わざるを得ません。

 今の私のカウンセリングを支えてるものと言えば、まず、13年の教育現場での経験、200人を超える先生方とのカウンセリング、800件を超える保護者からの不登校や子育て相談、そして、現在の困難な生徒を抱える教育現場(通信制高校)での経験、これらと言えるでしょうし、またそこれ以外に何もありません。
 先生の、そして保護者の悲壮な叫び、そのひとつひとつに十分に応えきれてきたのか自信はありませんが、量が質を規定するという原則に間違いはないと思っています。

 カウンセリングへの考え方は、「私からのメッセージ」で述べていますので、繰り返すことになりますが、私は自立に立ち向かおうとされている先生にとって、自立を促す存在にすぎません。それは、教育現場では、生徒が「自立に立ち向かい」、先生方が「自立を促す」存在であるのと何らかわるものではありません。同じことは、不登校の保護者相談でも言えることです。 保護者は自立に立ち向かうわが子を促す存在です。不登校に立ち向かう保護者を促すのがカウンセリングです。したがって、じっくりお話を聞きますが、大切なことは、原因を徹底して追求することより、次の自分(先生や保護者)ができる行動をお互いの話の中から導き出すことだと考えています。がんばろうという決意や考えが新たな行動と結果を生むのではなく、容易にできそうな次に必要な行動を模索し、それをゆっくり実現していく中で、仕事への新たな意欲とや子供への限りない慈しみが蘇ってくるものと信じてやみません。

相談室の未来図

 さて、私ももう還暦を迎えてしまいました。(現在61歳)
 まだ現職で仕事もしていますが、年金生活も始まりました。やがて現職の仕事から離れ、この相談室の運営を何としてでも自分のライフワークにしたいと考えています。

 NPO法人として実績を積んで公的機関と連携し、支部を運営していただける方を探し、公的な補助金を確保して、全国に6つの支部を配置したいと願っています。
 やがて(5年以内)、本部は日本海の小さな漁村(福井県か金沢県)の廃屋に移し、支部の若い仲間を育て共に連携しながら、全国の先生方・保護者のご奮闘の支援ができればと願ってやみません。

カウンセリングの合間には釣り糸を垂らし、私の釣った新鮮な魚のお刺身で一杯やりながら、また仲間との語らいができれば幸せです。
 どうか宜しくお願い致します。

 つたない自己紹介をここまで読んでいただきありがとうございます。 とりあえず、簡単な略歴を記しておきます。

私の略歴

1952年
(昭和27年)
京都府にて出生
1975年
(昭和50年)
静岡大学教育学部 卒業
公立小学校の教壇に立つ
1988年
(昭和63年)
小学校退職
法律事務所勤務
1998年
(平成10年)
「教育総合相談室」開設
進学塾に勤務 数学及び講師研修担当
2002年
(平成14年)
「教育総合相談室」一時閉鎖
塾勤務および塾コンサルタントとして活動
ウェブ数学教材の作成 等
2006年
(平成18年)
通信制高等学校関連事業に従事
2009年
(平成21年)
「教育総合相談室」再開
2012年
(平成24年)
NPO法人認可
「NIWA教育相談室」に改名

<共著> すでに廃阪なっているのもありますが…
 ■『教育実践事典(2)』(全5巻) 教科指導Ⅰ 労働旬報社 1982年
 ■『教師の力量をみがく(教師の仕事と生活)』 あゆみ出版 1987年
 ■『健康な子どもを育てる(子どもと生きる)』 あゆみ出版 1987年
 ■ シリーズ『私達の体育授業』 文理閣 1985年
 ■『すぐに役立つ授業のヒント・2年』 あゆみ出版 1987年
 ■『すぐに役立つ授業のヒント・4年』 あゆみ出版 1987年
 ■ その他、月刊雑誌に連載

< NIWA教育相談室(大阪) >
TEL.06-6191-9007/FAX.06-6191-9005
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町9-23 ロロモチノキビル5F
Copyright© 2011 通信制高校生徒と心の問題を抱える先生のための教育相談室「NIWA教育相談室(大阪)」